プライバシー・ポリシー(個人情報保護の方針)



ゼラニウムの画像ゼラニウムの画像

 このページは、当サイトのプライバシー・ポリシー(個人情報保護の方針)についてのページです。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから

当サイトのプライバシー・ポリシーについて

 当サイト、ゼラニウムの育て方と栽培法では、当サイトにご訪問いただいた方に、より有益な情報をご提供するためのサイト更新に伴う統計情報収集と、広告表示にクッキー(COOKIE)又はWEBビーコンと呼ばれる技術を使用しています。

 クッキー(COOKIE)又はWEBビーコンは、特定のページに、どのコンピュータから何回のアクセスがなされたかを知るための技術で、送信元ドメインの名称、”クッキー(COOKIE)又はWEBビーコンの寿命”といった情報が格納されており、ご訪問いただいた方の住所や氏名などの個人情報を特定することはできません。

 当サイトでは、このクッキー(COOKIE)又はWEBビーコンを、標準的な使用に基づいて、当サイトをご利用頂く皆様の利用されているプロバイダ、ブラウザの種類、画面設定、訪問回数などの統計情報を得るために使用しています。

 当サイトでは、クッキー(COOKIE)又はWEBビーコンによって得た情報を統計以外の目的に使用することはありません。また、当サイトにお寄せいただいた質問、お問い合わせなどに伴う個人情報も法令の定めるところに従って厳重に管理し、お寄せいただいた方の同意を得ることなく、無断でその個人情報を利用することはありません。

 また、当サイトに掲載された広告の配信元サイトをご訪問になった場合も、広告配信者がクッキー(COOKIE)又はWEBビーコンを使用する場合があります。それぞれの広告配信元のクッキー(COOKIE)又はWEBビーコンの使用及び、個人情報の取り扱いについては、それぞれの広告配信元サイトにて、プライバシー・ポリーシーもしくは個人情報の取り扱い方針などでご確認ください。


● クッキー(COOKIE)の無効化について

 クッキー(COOKIE)情報は、ご利用中のWEBブラウザの設定を変更することにより、任意で有効、無効を選択し設定することができます。その具体的な方法については、ご利用中のWEBブラウザのヘルプをご参照頂いて、設定方法など詳細をご確認ください。


● Google Adsense社の広告配信サービスについて

 当サイトでは、Google Adsense社の広告配信サービスを利用しています。Google Adsense社の広告配信サービスは、インターネットユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するために、当サイトへのアクセスに関する情報 を使用することがあります。

 この当サイトへのアクセスに関する情報には、ご訪問いただいた方の氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。

 このプロセスの詳細や、このような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法などの詳細につきましては、Google Adsenseの公式プライバシーポリシーのページをご覧ください。


 当サイトでは、魅力いっぱいのゼラニウムの上手な育て方と栽培法を、わかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク




ゼラニウムの基礎知識


 ゼラニウムの特徴と種類 ゼラニウムの学名と園芸名
 ゼラニウムの花の特徴と花色 ゼラニウムの花言葉
 栄養系ゼラニウムとは? 

ゼラニウムのかんたんな育て方
 丈夫なゼラニウムの苗の選び方 ゼラニウムの育て方・4つのポイント
 ゼラニウムの寄せ植えのコツ ゼラニウムをハンギングで育てるコツ

スポンサーリンク


もっと上手に育てるために知っておきたいこと


 ゼラニウムに適した生育環境 ゼラニウムの年間栽培スケジュール
 ゼラニウムの用土と土作り ゼラニウムの切り戻しと植え替え
 鉢の号数とサイズ・上手な鉢の選び方 ゼラニウムの鉢上げ
 栄養系ゼラニウムの増やし方(挿し木の方法) ゼラニウムの冬越しのポイント
 夏のゼラニウムの管理方法とポイント 挿し木(栄養繁殖)のメリット・デメリット
 鉢植えゼラニウムの置き場所

ゼラニウムのかかりやすい病気と害虫対策


 ゼラニウムのかかりやすい病気 灰色カビ病 ゼラニウムのかかりやすい病気 褐斑病
 ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ

スポンサーリンク


 ゼラニウムの育て方のトップページへ

当サイトについて個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) ゼラニウムの育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system