ゼラニウムの花の特徴と花色



ゼラニウムの画像ゼラニウムの画像

 このページでは、ゼラニウムの花の特徴と花色についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。

 §ゼラニウムの花の特徴

 §ゼラニウムの開花期間

 §ゼラニウムの花色と花の咲き方


スポンサーリンク




 ゼラニウムには、江戸時代以降、テンジクアオイ(天竺葵)と呼ばれ、変化に富んだ葉を楽しむ観葉植物(変わり葉ゼラニウム)として育てられていた品種もありますが、基本的に四季咲き性の多年性植物で、長く伸びた花茎の先端に5枚の花弁(花びら)を持つ花をたくさん咲かせます。

 こうした花を楽しむゼラニウムのことを、花ゼラニウムとも言いますが、花ゼラニウムは四季咲き性で開花に必要な気温さえ確保することができれば一年中でも花を楽しむことができます。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 ゼラニウムは、本来一年中花を咲かせる四季咲き性の植物ですので、開花に必要な条件さえあれば、一年中花を咲かせます。ただし真冬の時期など、日本の自然な気候環境下では、ゼラニウムの開花に必要な条件が整わないため、一般的には、およそ4月〜11月頃までの8ヶ月間が開花期間となっています。


 とはいえ、日本の自然条件下でも春先から冬の初めまでのおよそ8ヶ月もの間花を咲かせるわけですから、他の草花と比べてもずいぶん長い開花期間とも言えます。

 ちなみにゼラニウムはおよそ7℃で開花が始まりますが、室内での管理や温室といった方法で、十分に開花させるために必要な温度(12℃〜20℃〕と日射量を確保することができれば、一年中でも花を楽しむことができます。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 ゼラニウムの花色は、ゼラニウム・レッドとも言われる代表的な赤や白、ピンク、紫、サーモン、オレンジなどが中心ですが、複数の色を持つ品種もあります。花の咲き方は、一般的な一重咲きを中心に、バラ咲き品種八重咲き品種半八重咲き品種千重咲き品種(花芯まで花びらを持つ品種)など、多彩なバリエーションがあります。


ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


多彩な魅力のゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。

ハンギングで手軽に楽しめるアイビーゼラニウムの一覧は、こちらからご覧いただけます。

バラのような香りのローズゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。


 当サイトでは、魅力いっぱいのゼラニウムの上手な育て方と栽培法を、わかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク




ゼラニウムの基礎知識


 ゼラニウムの特徴と種類 ゼラニウムの学名と園芸名
 ゼラニウムの花の特徴と花色 ゼラニウムの花言葉
 栄養系ゼラニウムとは? 

ゼラニウムのかんたんな育て方
 丈夫なゼラニウムの苗の選び方 ゼラニウムの育て方・4つのポイント
 ゼラニウムの寄せ植えのコツ ゼラニウムをハンギングで育てるコツ

スポンサーリンク


もっと上手に育てるために知っておきたいこと


 ゼラニウムに適した生育環境 ゼラニウムの年間栽培スケジュール
 ゼラニウムの用土と土作り ゼラニウムの切り戻しと植え替え
 鉢の号数とサイズ・上手な鉢の選び方 ゼラニウムの鉢上げ
 栄養系ゼラニウムの増やし方(挿し木の方法) ゼラニウムの冬越しのポイント
 夏のゼラニウムの管理方法とポイント 挿し木(栄養繁殖)のメリット・デメリット
 鉢植えゼラニウムの置き場所

ゼラニウムのかかりやすい病気と害虫対策


 ゼラニウムのかかりやすい病気 灰色カビ病 ゼラニウムのかかりやすい病気 褐斑病
 ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ

スポンサーリンク


 ゼラニウムの育て方のトップページへ

当サイトについて個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) ゼラニウムの育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system