ゼラニウムの冬越しのポイント



ゼラニウムの画像ゼラニウムの画像

 このページでは、ゼラニウムの冬越しのポイントについてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。

 §ゼラニウムの冬越しのポイント・置き場所

 §ゼラニウムの冬越しのポイント・水やり

 §ゼラニウムの冬越しのポイント・肥料の与え方


スポンサーリンク


ゼラニウムの冬越しのポイント


 ゼラニウムは、生育適温がおよそ12℃〜20℃の亜熱帯性の植物で、寒さに強い植物ではありませんが、気温が2℃以上あれば冬越しも可能です。ただし、2℃の環境下では生育も停止し、抵抗力も弱まっていますので冷たい風に直接当てたりすると、葉が黄色く変色したり落ちたりといったことが起こります。


 またゼラニウムは株が凍るとそのまま枯死してしまいますので、よほど暖かい地域でもなければ戸外での冬越しは無理だと考えておくほうが安全です。

 そのため、できるだけ冷たい風が直接吹き付けることのない場所、理想を言えば、日差しの差し込む暖かい窓辺などがいちばんですが、それが難しいようなら雨風の当たらない軒下などに移動しておきましょう。

 ちなみにゼラニウムは、開花に必要な温度と日差しがあれば冬場でも花を咲かせます。その条件のひとつが開花適温です。

 ゼラニウムは、およそ7℃以上の温度環境で開花が始まります。とはいっても、あくまでも開花に必要な温度の下限が7℃ということですので、旺盛に開花させたい場合は、12℃以上必要ですが、温室などを用意できるのであれば挑戦してみてください。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 ゼラニウムは、比較的乾燥には強いものの、過湿は苦手です。そのため、冬場でも基本的に土が乾燥してからたっぷりと水を与え、再び土が乾燥するまで水遣りを控えるといった、メリハリのある水遣りを心がけておきましょう。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 すでにご紹介したように、ゼラニウムの生育適温はおよそ12℃〜20℃ですので、12℃を下回ると生育が鈍くなります。

 先ほどご紹介した7℃で開花が始まるという点についても、花を咲かせることができるというだけで、旺盛に開花するわけではありません。

 そのため、冬の間も開花させる目的で室温を12℃以上に保っている場合や、温室内で管理している場合を除いて、冬の間は基本的に生育や開花がほとんど止まった状態ですので、肥料を与える必要はありません。

 冬が過ぎて、再び葉や脇芽の生育が始まる頃を目安に肥料を与えれば大丈夫です。


ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


多彩な魅力のゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。

ハンギングで手軽に楽しめるアイビーゼラニウムの一覧は、こちらからご覧いただけます。

バラのような香りのローズゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。


 当サイトでは、魅力いっぱいのゼラニウムの上手な育て方と栽培法を、わかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク




ゼラニウムの基礎知識


 ゼラニウムの特徴と種類 ゼラニウムの学名と園芸名
 ゼラニウムの花の特徴と花色 ゼラニウムの花言葉
 栄養系ゼラニウムとは? ニオイゼラニウムの特徴と種類

ゼラニウムの育て方
 丈夫なゼラニウムの苗の選び方 ゼラニウムの育て方・4つのポイント
 ゼラニウムの寄せ植えのコツ ゼラニウムをハンギングで育てるコツ
 7月のゼラニウム栽培・置き場所・水やり・追肥の注意点とポイント 8月のゼラニウム栽培・置き場所・水やり・追肥の注意点とポイント

スポンサーリンク


もっと上手に育てるために知っておきたいこと


 ゼラニウムに適した生育環境 ゼラニウムの年間栽培スケジュール
 ゼラニウムの用土と土作り ゼラニウムの切り戻しと植え替え
 鉢の号数とサイズ・上手な鉢の選び方 ゼラニウムの鉢上げ
 栄養系ゼラニウムの増やし方(挿し木の方法) ゼラニウムの冬越しのポイント
 夏のゼラニウムの管理方法とポイント 挿し木(栄養繁殖)のメリット・デメリット
 鉢植えゼラニウムの置き場所

ゼラニウムのかかりやすい病気と害虫対策


 ゼラニウムのかかりやすい病気 灰色カビ病 ゼラニウムのかかりやすい病気 褐斑病
 ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ 初夏から夏のゼラニウムの害虫対策と薬剤

スポンサーリンク


 ゼラニウムの育て方のトップページへ

当サイトについて個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) ゼラニウムの育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system