ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ



ゼラニウムの画像ゼラニウムの画像

 このページでは、ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシについてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。

 §カイガラムシとは?

 §カイガラムシの被害と症状

 §カイガラムシの対策と駆除方法


スポンサーリンク


ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ


 カイガラムシは、草花や花木など多くの植物に寄生してその汁を吸う吸水性の害虫で、名前が知られているものだけでもおよそ400種以上あるといわれています。

 カイガラムシは、種によって形も大きさも様々ですが、その多くが身体を殻やロウ物質で覆われ、駆除の難しい害虫として知られています。

 カイガラムシは、暑さ寒さに関係なく発生します。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 カイガラムシによる被害を大きく分けると3つあります。そのひとつが、外観上の被害です。

 カイガラムシは、その多くが植物の葉や茎の表面に寄生するため、付着したカイガラムシや、その排泄物が美観を損ねることになります。つまり見た目が悪くなるということですね。

 ふたつめは、カイガラムシによって汁を吸われた草木の生長に障害が現れるということです。寄生しているカイガラムシの数にもよりますが、症状が重くなると、新しい芽や葉が出なくなったり、枝や茎が枯れてしまったりといったことが起こります。

 そして3つ目の被害が、カイガラムシの排泄物が葉や茎に付着して、植物の生長に欠かせない光合成の妨げとなること。そして、付着した排泄物が、すす病などの草木の病気の温床となり、二次被害を誘発してしまうことです。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 カイガラムシの駆除方法には、手作業で除去する方法と、薬剤を散布する方法とがあります。

 寄生しているカイガラムシの数がわずかなら、歯ブラシなどを使ってカイガラムシをこすり落とすことも可能です。ただし、寄生されている数が多い場合は、手間がかかる上、こすり落とす際に葉や茎を傷つけてしまうこともありますので、あまりお奨めはできません。

 カイガラムシの駆除に効果のある薬剤には様々なものがあります。花木の代表的な殺虫剤のひとつとして住友科学園芸のスミチオン乳剤、広範囲な害虫にも効果のあるオルトラン水和剤マラソン乳剤などがよく知られています。また、住友科学園芸のアクテリック乳剤は、薬害の少ない殺虫剤としても知られています。

 これらの薬剤は、使う前に決められた倍率で希釈、つまり水で薄める必要がありますが、希釈の方法も簡単ですので、経済性で選ぶならこうした薬剤も検討してみてください。

 買ってきてそのまま使える使いやすいスプレータイプのものであれば、即効性のベニカグリーンVスプレー、野菜などにも使えるベニカベジフルスプレーなどがあります。希釈作業が不安なようなら、こうしたスプレータイプの薬剤を選んでおきましょう。

 草木に使用する薬剤は、使い方や用量を間違うと、草木に薬害が発生する可能性があるばかりでなく、人間の健康を損なう場合もあります。薬剤をご使用の際は、必ず取扱説明書に従って正しくお使いください。


ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


多彩な魅力のゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。

ハンギングで手軽に楽しめるアイビーゼラニウムの一覧は、こちらからご覧いただけます。

バラのような香りのローズゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。


 当サイトでは、魅力いっぱいのゼラニウムの上手な育て方と栽培法を、わかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク




ゼラニウムの基礎知識


 ゼラニウムの特徴と種類 ゼラニウムの学名と園芸名
 ゼラニウムの花の特徴と花色 ゼラニウムの花言葉
 栄養系ゼラニウムとは? 

ゼラニウムのかんたんな育て方
 丈夫なゼラニウムの苗の選び方 ゼラニウムの育て方・4つのポイント
 ゼラニウムの寄せ植えのコツ ゼラニウムをハンギングで育てるコツ

スポンサーリンク


もっと上手に育てるために知っておきたいこと


 ゼラニウムに適した生育環境 ゼラニウムの年間栽培スケジュール
 ゼラニウムの用土と土作り ゼラニウムの切り戻しと植え替え
 鉢の号数とサイズ・上手な鉢の選び方 ゼラニウムの鉢上げ
 栄養系ゼラニウムの増やし方(挿し木の方法) ゼラニウムの冬越しのポイント
 夏のゼラニウムの管理方法とポイント 挿し木(栄養繁殖)のメリット・デメリット
 鉢植えゼラニウムの置き場所

ゼラニウムのかかりやすい病気と害虫対策


 ゼラニウムのかかりやすい病気 灰色カビ病 ゼラニウムのかかりやすい病気 褐斑病
 ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ

スポンサーリンク


 ゼラニウムの育て方のトップページへ

当サイトについて個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) ゼラニウムの育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system