ゼラニウムの育て方と栽培法

ゼラニウムの育て方と栽培法へようこそ。

 ヨーロッパの町並みを映した映像などを見ると、多くの家々の窓辺で、ゼラニウムの鉢植えが飾られているのに気がつきます。これはゼラニウムがヨーロッパの気候に適していて育てやすいことと、ゼラニウムに虫除けの効果があるからなのだそうです。


 ゼラニウムは、世界中におよそ280種類以上もの品種があるといわれ、それぞれに違った特徴や魅力があります。そして、共通しているのは、そのどれもがとても丈夫で育てやすいこと、たくさんの花を咲かせてくれることです。

 日本でも江戸時代の頃、ゼラニウムは、”天竺葵(テンジクアオイ)”と呼ばれ、葉の変化を楽しむ観葉植物としてたいそう人気があったのだそうです。


 とても丈夫で育てやすく、ほんの少し手をかけてあげるだけで、さらにたくさんの美しい花を咲かせてくれるゼラニウム。

 当サイトでは、初めてでも安心して育てられるゼラニウムの育て方をわかりやすくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

多彩な魅力のゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。

ハンギングで手軽に楽しめるアイビーゼラニウムの一覧は、こちらからご覧いただけます。

バラのような香りのローズゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。


 当サイトでは、魅力いっぱいのゼラニウムの上手な育て方と栽培法を、わかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。



ゼラニウムの基礎知識
 ゼラニウムの特徴と種類 ゼラニウムの学名と園芸名
 ゼラニウムの花の特徴と花色 ゼラニウムの花言葉
 栄養系ゼラニウムとは? 

ゼラニウムのかんたんな育て方
 丈夫なゼラニウムの苗の選び方 ゼラニウムの育て方・4つのポイント
 ゼラニウムの寄せ植えのコツ ゼラニウムをハンギングで育てるコツ


もっと上手に育てるために知っておきたいこと
 ゼラニウムに適した生育環境 ゼラニウムの年間栽培スケジュール
 ゼラニウムの用土と土作り ゼラニウムの切り戻しと植え替え
 鉢の号数とサイズ・上手な鉢の選び方 ゼラニウムの鉢上げ
 栄養系ゼラニウムの増やし方(挿し木の方法) ゼラニウムの冬越しのポイント
 夏のゼラニウムの管理方法とポイント 挿し木(栄養繁殖)のメリット・デメリット

ゼラニウムのかかりやすい病気と害虫対策
 ゼラニウムのかかりやすい病気 灰色カビ病 ゼラニウムのかかりやすい病気 褐斑病
 ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ


 ゼラニウムの育て方のトップページへ

当サイトについて個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) ゼラニウムの育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system