鉢植えゼラニウムの置き場所



ゼラニウムの画像ゼラニウムの画像

 このページでは、鉢植えで育てるときのゼラニウム鉢の置き場所についてご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンク一覧からご覧いただけます。

総合ページリンク一覧から他のページを見るにはこちらから

◇このページ内の各項目をご覧になるときは、以下のページ内リンク一覧(目次)をご利用ください。

 §ゼラニウム鉢は年間を通して日当たりの良い暖かい場所へ

 §冬は陽射しが差し込む暖かい窓辺へ

 §夏は直射日光の当たらない涼しい半日陰へ


スポンサーリンク




 鉢植えのゼラニウムを健全に育てる上で、鉢の置き場所はとても重要です。

 基本的には、年間を通して日当たりの良い暖かい環境を置き場所に選びましょう。またゼラニウムは過湿を嫌いますので、戸外で管理する場合は軒下などの雨に当たらない場所を置き場所に選んでください。


ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 当サイトのゼラニウムの冬越しのポイントのページでもご紹介していますが、ゼラニウムの生育適温は、およそ12℃〜20℃で、必ずしも寒さに強いというわけではありませんが、気温が2℃を下回らなければ戸外での冬越しも可能です。とはいえ、よほど暖かい南の地域でもなければ、日本の冬の環境下で戸外の気温が昼夜併せて常に2℃以上を期待するのは難しいでしょう。

 そのため、温室などの寒さ対策を行わないままのゼラニウムの戸外での冬越しは無理と考えておくほうが無難です。冬の間はできるだけ冷たい風が直接吹き付けることのない暖かい場所、たとえば日差しの差し込む窓辺などが理想的な置き場所と言えます。

ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


 夏のゼラニウム鉢の置き場所については、当サイトの夏のゼラニウムの管理方法とポイントでもご紹介していますが、ゼラニウムは日本の高温多湿な夏が苦手です。

 冬のゼラニウム鉢の置き場所のところでもご紹介しましたが、ゼラニウムの生育に適した温度は、およそ12℃〜20℃で、25℃を上回る日が続くと生育が衰えて、葉が落ちたり花が咲かなくなったり、咲いても花色に鮮やかさがなくなるなどの症状が現れるようになります。

 そのため、夏の間は、西陽の当たらない風通しの良い場所直射日光の当たらない半日陰のような場所を置き場所に選び、暑さによるダメージを最小限にする工夫が必要です。


ページ内リンク一覧(目次)に戻る

総合ページリンク一覧から他のページを見る


多彩な魅力のゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。

ハンギングで手軽に楽しめるアイビーゼラニウムの一覧は、こちらからご覧いただけます。

バラのような香りのローズゼラニウムの苗一覧は、こちらからご覧いただけます。


 当サイトでは、魅力いっぱいのゼラニウムの上手な育て方と栽培法を、わかりやすくご紹介しています。当サイトのすべてのページは、本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。


スポンサーリンク




ゼラニウムの基礎知識


 ゼラニウムの特徴と種類 ゼラニウムの学名と園芸名
 ゼラニウムの花の特徴と花色 ゼラニウムの花言葉
 栄養系ゼラニウムとは? ニオイゼラニウムの特徴と種類

ゼラニウムの育て方
 丈夫なゼラニウムの苗の選び方 ゼラニウムの育て方・4つのポイント
 ゼラニウムの寄せ植えのコツ ゼラニウムをハンギングで育てるコツ
 7月のゼラニウム栽培・置き場所・水やり・追肥の注意点とポイント 8月のゼラニウム栽培・置き場所・水やり・追肥の注意点とポイント

スポンサーリンク


もっと上手に育てるために知っておきたいこと


 ゼラニウムに適した生育環境 ゼラニウムの年間栽培スケジュール
 ゼラニウムの用土と土作り ゼラニウムの切り戻しと植え替え
 鉢の号数とサイズ・上手な鉢の選び方 ゼラニウムの鉢上げ
 栄養系ゼラニウムの増やし方(挿し木の方法) ゼラニウムの冬越しのポイント
 夏のゼラニウムの管理方法とポイント 挿し木(栄養繁殖)のメリット・デメリット
 鉢植えゼラニウムの置き場所

ゼラニウムのかかりやすい病気と害虫対策


 ゼラニウムのかかりやすい病気 灰色カビ病 ゼラニウムのかかりやすい病気 褐斑病
 ゼラニウムにつきやすい害虫 カイガラムシ 初夏から夏のゼラニウムの害虫対策と薬剤

スポンサーリンク


 ゼラニウムの育て方のトップページへ

当サイトについて個人情報保護方針リンク集

Copyright(C) ゼラニウムの育て方と栽培法 All rights reserved.
inserted by FC2 system